シンプルと単調は違う

男の一人暮らしライフです。シンプルそしてミニマムな生活を過ごしていきますが、単調ではない日々を目指しています。

コスパ最強のまな板!?

 

熱湯消毒したり手入れはしていますが
だんだん汚れてきてしまった我が家のまな板×2

新しいまな板を買って、入れ替えようと思い探していましたが、ようやく気に入ったまな板をゲットしました。



そいつはキャンドゥで出会った

 

ニトリやホームセンター、ネット等で探していましたが

気に入ったのは100均(キャンドゥ)のまな板です。

f:id:taciten:20190427213205j:image

 

他の100均も見ましたが
基本薄かったり
サイズが小さいものばかりでした。

 

サイズが小さいと、少し大きいものを切るときにストレスになるし、薄いものは軽くて洗うのも楽ちんだけれど、切ったときのカチっとなる感覚があまり好きになれません。刃こぼれしそうですし...


なのでキャンドゥのまな板を見つけたとき、このサイズと厚みがあることにまず驚きました(汚い指を失礼致します)

f:id:taciten:20190427212517j:image

 

安物買いの銭失い

 

これ、私がここ数年いつも頭に浮かぶ言葉

値段が安いだけにとらわれると、結果損をすることになります。

基本的には値段だけにとらわれずに、高くても質の良いものを買うようにしています。

ではなぜ、100円のこのまな板を選んだのか。

 

まな板は消耗品だった

 

まな板は手入れをしていても
汚れるし、傷もついてく

そして傷のついたまな板は、色移りしやすいだけでなく、菌もつきやすい。

もし高いお金を出して買ったら、長く使っていきたいから、買い変えは遠のきます。

 

でも100円のまな板だったら、コスト的に定期的に入れ替えることができ、常に状態が良いものを使えると考えました。


つまり、
高く買って長く使用することより
安く買って短いスパンで、新しく綺麗なものを使えるというのが、1番良いと判断!


衛生面の考慮は非常に大事だと思います。

 

桐のまな板を使うメリット

 


衛生面の点から見て、買い替えが容易なだけじゃありません。
なぜならこのまな板の素材は桐なんです。

桐は木製の中でも比較的乾きやすく、黒ずみなどができにくく衛生面的にもグッド!

なのでコスト的にも素材的にも、このまな板最高なんです。


更に、桐のメリットはこれだけじゃありません。

桐のメリットは軽量で、柔らかいため、刃こぼれしにくいということ。
そして柔らかいため、傷はつきやすいが、修復する力も持ち合わせていること。


色々な点からこのまな板すごく気に入っちゃいました。

あとは使いながら、どれくらいの周期でまな板を買い替えて行くかまた検討していこうと思います。

 

ちなみに、切った感触は非常に爽快
ムダにキュウリ切りまくりました(笑)

キュウリは正直、切るより
そのままマヨネーズかけて
食べるのが最強だと思うのは余談です。