なんちゃってミニマリストの男1人暮らし

ゆるめなミニマリスト観を20代男性/1人暮らしが紹介していきます。

すぐやる!がミニマリストの第一歩

 

はぁ〜
お皿洗うのめんどくさい
とりあえずテレビでも見ようかな


これ、以前の私です

 

やらなきゃいけないこと
でも今すぐじゃなくてもいいこと

 

どんどん後回しにしていませんか?

 


これじゃいけないなと考えてみたら


やるべきことを後回しにすると、頭の中がぐちゃぐちゃ(タスク多い)

逆にやるべきことをすぐやると、頭の中は整理される(タスク減)

 

これって
ミニマリストの考えと共通していませんか?

 

 

後でやろうから今やろうへ

f:id:taciten:20190710204434j:image

 

後でやろうと思って何時間後になったり、はたまたもっと先になったりしますよね

 

やらなきゃ→今やろうという
行動を常にとることが必要です

 

行動が早い人はいつもカッコいい

 

仕事においても
仕事が早い人って
常にすぐやる人だと思います

 

そういう人たちって
純粋にカッコいいですよね

 

プライベートにおいても
行動が早い人はみんなから一目置かれるし、信頼度も高い気がします

 

 

頭の中をシンプルに

 

頭の中がごちゃごちゃしてて
常に余裕がない人になりたくない

 

頭の中をシンプルにスッキリさせて
常に新しいことに身軽にチャレンジできるようにできたらいいですね

 

具体的にはどうする?

 

To doリストの作成

私はアプリを使用しています(紙でも可)

 

まずは
頭の中からアウトプットし
箇条書きにして、そこから順序を考えます

 

順序は私的には

優先順位の高いもの(急を要するもの)

簡単に終わらせれるものからがおススメ


優先順位が高いものは当然ですが
簡単に終わられせるものをする理由としては


To doの数が単純に減る=タスク軽減
ということと
小さいことでもやれたという達成感が得られること


やることが多いほど、モチベーションを保つのが難しい

 

10個あるより
5個の方が頑張れそう!ってなります

 


完成度よりまずやったという事実

 

掃除にせよ
仕事にせよ
完璧を目指さないこと

 

完璧を目指すと時間も労力もかかるし、結果的に効率悪くタスクをこなすことができないので


まずは完璧の6割程度を目指します

 

それで後で余裕があれば
もっと完成度を高めればいい

 

まずは終わらせることを重視する

 

 

結局は

 

自分で自分のスイッチを入れれるか

 

やる時はやる!

 

とけじめを持つことが必要ですね