黒柴くんの1人暮らしライフ

将来豊かなお金持ちになる!そんな夢をミニマリストの考えを基盤に目指していきます。基本的には1人暮らしのシンプルライフをご紹介していきます。

電子書籍にするべき3つのこと

 

「読書」は人々の心を豊かにする

それは知りつつも普段の生活で読書を習慣とするのは難しいのが現状

 

私は半年ほどアマゾンFire HD8を購入し、ほぼ全て電子書籍での読書となりました

電子書籍にして劇的に変わったのは読書時間の大幅アップ

今回は、紙ではなく電子書籍にすべき3つのことを紹介しましょう

 

1.場所がスッキリする

 

電子書籍にすることで

たったの1台に全ての本を集約できる

 

●本棚の設置が不要

●散らからない

●探す手間が省ける

 

紙の本はどうしてもかさばるもの

紙の本を所有している時は、本棚やカラーボックスなど

常に収納スペースを確保する必要があります

f:id:taciten:20200111235501j:plain

 

現在は、そのスペースを全く確保する必要がありません

(現在、自宅にある紙の本は5冊程度)

 

そして、本棚って結構ホコリになりませんか?

本の間とか前面に溜まっていたり、、そんな心配も不要です

 

 

2.「読書」の時間が増える

 

コンパクトサイズで、持ち運びがしやすいので

仕事のビジネスバックやトートバッグにも容易に入れられ

外出の際の必需品となっています

 

私の愛用するFire HD8

f:id:taciten:20200111235458j:plain

 

いつも持ち歩いているので、隙間時間を見つけては

さっと開いて読むことができるのも魅力の1つでしょう

カフェにいって、大好きなコーヒーを飲みながら思う存分読みふけるのもオススメ

 

実際、私は月1〜2冊程度の読書量だったのですが

電子書籍にして月平均7〜10冊程度の読書量へと変化

 

読書量が増えた理由は

持ち運びができるという理由だけではありません

 

今までは読みたい本があったら

本屋に行くoramazonや楽天、メルカリで購入

いずれにしても届くまでの期間はその本を読めないということ

本読みたいなって思った時は、その時読みたいんです

 

電子書籍ならkindleストアでワンクリックしてダウンロードするだけ

つまり、読みたいときにすぐに購入できて、今読める

それが読書量を一気に増やた理由の大部分を占めているでしょう

 

 

3.売る手間が省ける

 

紙で買った本は売れるのに、電子書籍は売れない、、、

これは完全にデメリットだと思っていました

 

 

しかし、これは使ってみてメリットであることに気づきました

紙の本を売るときには

ブックオフなどに持っていく

下手すると5円とかめちゃくちゃ安い

来たことを後悔する

 

メルカリで売る

ブックオフとかよりは高く売れる

ただし出品、取引、梱包、発送といった手間をとる

ここまでの手間をかけても数十円〜数百円の利益

 

それに対して、kindleとかで電子書籍を購入すれば

紙の本よりそもそも安く売られていることがほとんど

本によってはkindle版は半額近い値段で売られていることも・・

 

つまり、売ることを考えたとしても費用面でも得する可能性はあるし

何より!!あなたの大切な時間を無駄にする必要がありません

f:id:taciten:20200111235505j:plain

 

ぜひこの機会に、電子書籍に変えてみてはどうでしょうか