黒柴くんの1人暮らしライフ

将来豊かなお金持ちになる!そんな夢をミニマリストの考えを基盤に目指していきます。基本的には1人暮らしのシンプルライフをご紹介していきます。

物を増やさない仕組み作り〜1in 1out

 

物を減らしてすっきりとした生活を送りたい。片付けを楽にできるようにしたい。ミニマリストになりたいなど、物を少なくすることについてはみんな考えていますよね。では物を増やさないことは?

 

例えば断捨離しても、気づくとあれ・・・元に戻ってる?そんな経験ありませんか?年末の大掃除の時など特に!2週間後には大掃除前より物が増えていたり。

 

この原因ははっきりしています。

物は減らすことはできたが、物を増やさないことはできなかったということ

 

物を減らすことはもちろん大事ですが、何より物を増やさない仕組みを重要視するべきだと思います。

人間は欲深い人間だ

f:id:taciten:20200126224228j:plain


 

世界で最も貧しい大統領と言われていたホセ・ムヒカの名言の1つに「貧乏とは、欲が多過ぎて満足できない人のことです。」という言葉があります。

 

私はこの言葉を初めて読んだ時、ドキッとしました。私は、物欲は少ない方だけれどそれなりに欲しい物はあるし、そして欲しい物を手に入れてその時は一時的に満足するけど、満足感は薄れて徐々にまた欲しい物が出てくるという経験を何度もしているからです。

 

新しいスマホが出れば欲しくなるし、新しいパソコンも欲しい。家電は特に次から次へとより機能が高いものが出てくるから際限ないなあと思います。

 

ホセ・ムヒカは貧乏の定義としてこの言葉を使っていますが、欲が多過ぎて満足できない人は、世の中の大半を占めると思います。つまり、人は欲しい物が次々と出てくるということです。そして、欲しい物がある=悪いとは全く思いません。その為にお金を稼いでいるし、物を買うことで心や生活が豊かになることも多いからです。

 

ただ、欲のままに物を増やしていくのは、生活を豊かにしてるとは言えません

 

欲しい物は買ってもいい、だけど買ったら他の物を捨てよう

 

私が実践しているのは、「1in 1out」

これは何かを買ったら、何かを捨てる(売ったり、あげても可)ことです。

 

例えば、服を1枚買ったら、服を1枚捨てる。2枚買ったら2枚捨てる。アクセサリーを買ったらアクセサリーを捨てる。といった感じです。理想は同じジャンル・性能の物だとより良いと思いますが、ない場合は他ジャンルの物でも良いかと思います。

 

これを続けていくと、どうなるのか?

 

買ったら、必ず何かを捨てなくてはならない。そういうルールを自分の中で作ることで、自分の持ち物を1つ捨ててまで欲しいものなのかと買うときのブレーキとなります。何かを買う時に、必ずよく吟味するようになります。そして、それだけ吟味して買ったものは自分のお気に入りになります。

 

つまり、このルールを続けていくことで、自分の持ち物がお気に入りの物だけに近づいていくんです!

 

そしてそれだけではありません、物が増えない仕組みもこれで完成しています。

 

気に入っていない物を、お気に入りの物へ

 

欲しい物をよく吟味して買ってお気に入りの物へという考えもありますが、逆の発想もありますよ。お気に入りではない物を、お気に入りの物へ変えてしまえばいい

 

例えで言うと、最近私は服を購入しました。服はずっと購入していなかったのですが、購入した理由は、今持っている服を気に入っていないと思ったからです。

 

  • 黒スキニー

みんな大好き黒スキニー。私も普段から着用しているのですが、1つ問題があります。劣化が早いこと。2〜3年の使用で、色落ちしヘタってきました。そこで、新しいスキニーへと買い替え

 

f:id:taciten:20200126223121j:plain

色の違いが明らかですね。(メーカーが違うというのももちろんありますが、、)

 

同じ物をグレードアップさせてお気に入りにしました。物を無理に増やそうとせずに、例えばグレードアップできる物は何かな?と考えても面白いですよ!

 

  • セーター

ユニクロのセーターが、気に入っていないことに気付きました。

理由は、セーター特有の痒くなる感じと、そして厚みがあり嵩張ること

セーターを思い切って捨てて、裏起毛で暖かいけど軽く嵩張らないパーカーを購入しました!

 

まとめ

 

「1in 1out」を意識するだけで、以下の2点のメリットがあります。

  1. 物が増えない
  2. 周囲の物がお気に入りの物だけになる

 

さあ、より良い暮らしを目指して、あなたも1in 1outやってみませんか?